abstract-art-background-2249527

今日からはじめるLINE@講座 運用費をゼロにしたい

とりあえず、LINE@(ビジネスアカウント)は出来ました。

プロフィールも編集しました。

どういう内容を伝えて行こうか・・・・も決めました。

 

 

 

キスアンドパンチの主力商品である「社歌制作」の営業マンとしてLINEを使おう

まぁ、主力と言っても売れた試しはありません。
男女雇用均等でいうと、営業ウーマンでもね。

 

ということで、「企画書の企画意図」で書くならこういうことです。

社歌制作の営業内容をBOTで自動応答にして
メール問い合わせまで行かない問題について、解消をすることで
メール問い合わせの確度向上を目指し、
問い合せの人的対応数を減らすことで、より充実度の高い対応を
確度の高いお客様に提供し、満足度向上から売上増に結びつけます。

 

LINE BOTを0円!で作ろう。が合言葉。

という内容です。LINEボットの「簡単!猿でも分かるLINEボット制作講座」的なことをやっていきます。

 

 

おさらい「費用0円!LINEビジネスアカウントの無料プランでどこまでできるか」がテーマ

できることを整理

  1. おともだちになったユーザとチャットはできる
  2. メッセージがおともだち全員に遅れる

以上

ちなみに無料メッセージ(到達合計)数は1,000です。
おともだち1000人いれば、一度の全体メッセージで終わりです。詳細はここ

screencapture-at-line-me-jp-plan-2019-05-22-05_49_58
5000円のライトなプランであれば、無料メッセージ数15,000の他リッチメニューもつくれます。本来はこのリッチメニューを利用したかったのですが、月額5,000円をいかにケチるかを考えていこう、そういう話で目をつけたのがBOTです。

なにも自動応答だけが能ではありません。

  1. 画像メッセージ
  2. イメージマップメッセージ
  3. スタンプメッセージ
  4. ボタン型テンプレートメッセージ
  5. カルーセル型テンプレートメッセージ
  6. 確認型テンプレートメッセージ
  7. テキストメッセージ

多彩なメッセージ機能を利用できますので、使わない手はないですね。

今回は、ここまで。

kiss & Punch