pencils-339867_1280

今日からはじめるLINE@講座 構築メモ No.2 Custom payload

カスタムペイロードというのはDIalog flowでつくれる
LINE出力用のものですが、全てJSONデータで入れるので
自由度の高い、出力が期待できるものです。

 

 

第一回目から引き続き、第二回目となりました。

第一回目は、Dialog flowでつくれるカンタンなLINE出力でした。
第二回目は、ちょいと難しくなりすが自由度の高いカスタムペイロードについて。

 

 

Dialog flow → Agent → Intents と進んでいくと

この「Intents」の一番に下に「Responses」に「LINE」というタブが追加できます。

ここへLINE用の表示部分を構築しますレッツ「ADD RESPONSES」

スクリーンショット 2019-07-23 15.29.32

スクリーンショット 2019-07-23 15.29.40

 

スクリーンショット 2019-07-23 22.57.00

“line” : { この間にコードを記述する }

という訳ですが。
{←開くと }←閉じるは一対で用意する必要がありますので
「あれ?おかしいな」と思ったら確かめてみてください。

 

kiss & Punch