red-power-3036154_1280

家電とか好きな方は多いですよね

たまたま家電製品のプレがあり

たまたまJCOMの4Kを契約すると母親が言い出し
そのためにはテレビを4Kにと

家電ブーム到来!?

 

 

さて、某大手家電量販へ母親と行くことになりました。

 

 

近所の大手に行ってみて感じた
個人的な趣味趣向による量販店のないない

 

1FエレベーターホールにPOPが少ない

せっかく来たら色々とついでに見るので、POPでワクワクしたい。
あわせて、消耗品の啓蒙をしておくと心配性の人は予備を購入してくれそう。

 

店員の声にハリがない

賑やかな店内なのに声がやたら小さくて何を言っているのかわからない・・・。

陳列が美しくない

場所によっては熱帯陳列・・・。ちゃんと売り場を考えた方がいいとしか言えなかった。

 

手書きのPOPがない

本屋の店員さんの書くあれが欲しい。実際の商品はネットの文字で見入るよりも
実物で比較すると違いが解ることが多い。そうなるとあとは店員さんとの会話や店頭の情報で
納得できるものがあれば購入までいけそう。

 

前の商品の引き取り方法がない

持ってきてと言われ、自動車のない人どうするの?都心で次回に持ってきてくださいと言われも・・・。
同様のことでお年寄りの方も困っていたし・・・。

 

そもそも電気製品が好きじゃないの?

店員さんと話をしていても商品に愛を感じない・・・。

 

というネガティブなことばかり書きましたが
ネット社会と戦う量販店にするには?

 

 

amazonは評価4ストアなるフラッグシップありますが
なるほど、失敗しないモノ選びが出来ると、ふむふむです

では、実物比較が分かりやすい店頭ならば?
価格&性能で比較しやすいのが店頭
以外と実物を見ると・・・ということがネット調べでは多々ある。
価格と性能だけで評価を見ると買いだと感じた商品も
あとプラス1万円でこちらの方が良いと思えるのは不思議と店頭が多い。

  1.  思い切って、店員の好みで商品の展示数を減らす(数が多いと分けがわからない)
  2.  思い切って、店員が商品をいろいろ使ってみてレビューを書く
  3.  価格の近い商品を横並びにして違いをPOPにしておく(いちいち横に店員がいると気が滅入る)
  4. ついでにamazon評価の星もつけてあげたらいい
  5. 各階で支払いという馬鹿げた仕様はもうやめる(バーコードでも発行してほしい)
  6.  エレベーターホール以外で、おかしな歌のループは聞きたくない

 

 

これが自分にもっとも間違いない商品なんだと想像させる努力が必要ではないだろうか。
その選択をしやすくしてあげたら、売り場がもっと楽しくなる気がした。

kiss & Punch